鉄骨工事一式

■ 強い建物の基盤となる鉄骨工事

建物を組み上げる際、まず骨組みをつくる必要があります。
この骨組みができないと、建物を作ることができないといっても過言ではありません。

鉄骨が組み上がって、初めてその他の工程を進めることが可能。
大型の建物を建築する上でなくてはならない工事となり、建設規模が大きくなるにつれ、その重要度も大きくなります。

源鉄建では鉄骨建方だけでなくその後の作業も一式、トータルで対応可能ですので遠慮なくご相談ください。

■ 対応鉄骨工事一覧

○鉄骨建方

鉄骨建方は大型の建物を建築する上で、必要不可欠。
建物の骨組みを作る上で基盤となり、とても重要な工事です。

○相伴・本締

建方で組み上げられた鉄骨は、すぐにボルトを強く締めこむとまだ締めていない箇所の接合部分にズレが起こる可能性があるため、仮ボルトと呼ばれるもので接合されます。

そのようなことトラブルが起こらないよう、全ての接合部分を軽く締め、見当をつけてから本締め工事行います。

○デッキ張り

骨組みされた鉄骨にデッキ工事で肉付けし、床を作っていきます。
厚さ1ミリ程度の薄板鋼板を敷き詰めて溶接で各鉄骨に固定していくと、骨組みだった鉄骨の上には人が歩ける床ができ、やがて見慣れた建物の形になっていきます。

○鍛冶工事

鉄骨を設計通りに組み上げるには、鍛冶工事は必要不可欠。
鉄骨材のカットや溶接は、設計図をもとに各現場で行わなければいけません。
精確な鍛冶工事は経験豊富な源鉄建にお任せください。

【代表直通】 080-3788-0903
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】 8:00~17:00
【対応エリア】 湖南市を中心に関西一円

一覧ページに戻る